2018年5月23日 (水)

靴袋放り投げ事件

463_716x1024

前回のブログで兄との思い出を綴ってみましたが
今日はその続編です。
終戦記念日の昭和20年8月15日から数日経て
樺太から網走に移り住みました。
兄は小3、私は1年制でした。

転校後間もない頃の事です。当時の網走の
小学校は男女共学ではなく男子校と女子校に
分かれていたので家を出る時は一緒ですが
途中で左右別々に分かれる事になります。
でも一人ぼっちになりたくない私はそこで「嫌!
学校まで一緒じゃないと嫌!」と駄々をこねて
兄を困らせました。
当惑した兄は送って行きたいけどそうすると
自分が遅刻してしまうからここからは一人で
行ってくれないかと懸命に説得するのですが
我儘な妹の私は聞く耳を持ちませんでした。
手にしていた靴袋を路上に放り投げべそを
かき始めると兄は仕方なくあきらめて遅刻を
覚悟で校門までくれるのでした。

そんな不埒な行動が長く続いた訳ではない
のですが当事者はともかくこの靴袋事件の
記憶が母にとっては強烈だったらしく大人に
なってからも事ある毎に面白おかしく人前で
披露したがるので閉口したものです。
穴があったら入りたい位恥ずかしい痛恨極まる
失敗談でした。

昨日児童会館の館長から帰りがけ呼び止められ
連休にベトナム旅行に行って来たからと布製の
靴袋をお土産に頂きました。
今日の絵がそうです。絵柄のハイヒールの部分に
刺繍が施されています。
素朴な感じの中にしゃれた色使いの靴袋を眺めて
いる内幼かった頃の記憶が蘇ってきました。
あれから70余年今更ですがお兄ちゃん御免ね!




2018年5月16日 (水)

山菜の季節

460_1024x732

今日は快晴で25度を超える暑い一日でした。
末っ子の弟から新鮮で安い野菜が売りの八百屋さんを
教えてもらい早速行って来ました。
成る程安いのです。おまけに浜ボウフが1パック190円
なんて信じられません。
香りもよく酢味噌和えでも味噌汁も大好きです。

友人の話によると昔は石狩浜で豊富に採れたそうです。
でも山菜取りのマナーを守らず取り過ぎで今は全く採れ
なくなったみたいです。
山菜取りは興味はありますが行ったことがありません。
しいて言えば小学3年位の時に兄と二人でヨモギ採りに
行ったのが唯一の実体験だと思います。
当時は小樽に住んでいたのですが戦後間もない頃の
事で人里離れた山の中は一体どのあたりなのか今と
なっては分かりません。

小樽に住む前は網走にいたのですが冬やはり兄に
くっ付いて天都山に樹液を採りに行きました。
兄は木の幹にナイフで傷をつけ空き瓶を吊るして
樹液を貯めようとするのですがポタッ、ポタッとしか
落ちてこないのでなかなか瓶にたまりません。
じっとしていると寒気で手袋をしていても手が冷たく
なりべそをかくと兄は自分の手袋と交換してくれる
のですが、ホンワカ暖かい兄の手袋も私がはめると
すぐ冷たくなって何度も取り替えっこした記憶があり
ます。

その優しかった兄も今は81歳のおじいさんになり
入院中です。明日医大病院から自宅近くの病院へ
転院して術後の療養に努めることになりました。
一日も早く元気で退院できる日を心待ちにしています。





2018年5月10日 (木)

気分一新

459_1024x718

ブログを2週間ほどお休みしてしまいました。
ゴールデンウイーク中旅行していたとかではないのですが
気が付いたら2週間があっという間に過ぎていました。

今朝は友人と今年初めてのウオーキングで河畔公園を
歩いてきました。
今年は桜の開花が早かったのでもう花が散り葉桜となり
つつありますが河畔公園では30本の八重桜が咲き始めた
ばかりで当分目を楽しませてくれそうです。

40分程のウオーキングそれも一日おき(冬期間休止)なの
ですが22年続いています。最初の頃は毎日歩きコースも
長かったのですが無理せず長く続けるため今の形に落ち
着きました。共に行動してくれる友には心から感謝です。

背骨を傷めてコルセットのお世話になっている夫は5月
1日退院後初めて病院の検診を受けに出かけました。
結果を心配していましたが何とか順調に快復している
みたいで一安心です。
コルセット着用で3か月位すると潰れた骨も膨らんで
再生するようです。来月一杯我慢の毎日が続きます。

私が毎日楽しみに見ているブログは91歳の女性が
日常の身の回りで起きる出来事や趣味の絵画について
日記風に綴ったものなのですが何より凄いと思うのは
毎日記事を更新されている事です。
年齢は私より一回り上の方ですが文章もお上手だし絵も
アトリエに通われていて魅力的な絵を描かれます。
そろそろ一区切りしようかな等と弱気になる自分ですが
素敵な人生の先輩のブログに励まされています。
ブログを始めた頃のワクワク感を忘れていたなと反省。
もう少し頑張ってみます。






2018年4月26日 (木)

桜が開花

458_1024x718

今日テレビのニュースで札幌の桜の開花が報じられました。
いよいよ本格的に春が来たなと嬉しくなりました。

夫はコルセットが威力を発揮して日常生活は普段と変わり
無く過ごせているのであと完治するまで慎重に見守りたいと
思います。

月曜日入院中の兄が胃を3分の2摘出する手術をしました。
毎晩義姉からの報告で術後は順調らしいと分かったので
今日弟とお見舞いに行って来ました。
81歳と高齢なので心配したのですが意外と元気そうでした。
手術した翌日点滴を吊るす棒を杖代わりにして廊下を一周
したと自慢するのです。
普通の食事が出来るようになるのはまだ数日先だと思うの
ですが兄に言わせるの食事のことはまだいいとして何が
つらいと言って夜9時消灯くらいつらいことは無いと嘆いて
おりました。

生活習慣というのは人それぞれなので兄にとってはさぞ
辛いだろうと察するものの病院に身を預けた以上我慢して
まらうしかありません。

何はともあれ怪我も病気も一日も早く治り我が世の春を
満喫したいです。


2018年4月19日 (木)

バッケ(フキノトウ)

457_1024x713

今週に入り暖かい日が続いています。今日も夕方主人と
1時間ほど南区の滝野公園付近までドライブを楽しんで
来ましたがフキノトウが沢山目に止まりました。
新緑の季節はまだまだ先だけどフキノトウの柔らかな
黄緑色が何とも言えません。

北桧山地方出身で山菜にやたら詳しい友人がいます。
その彼女は「絵手紙教室」に最初から参加してくれて
いるのですが毎年今の時期「はいバッケ!」と言って
フキノトウを採ってきてくれます。
何故バッケというのか分かりませんがもしかすると
アイヌ語が語源かなと思いますが今度聞いてみます。

主人が退院して1週間が過ぎました。日常生活に何ら
支障がないので彼の場合は早く退院したのが良かった
のかなと思います。それにしてもよく動く人だと改めて
見直しました。

ヤレヤレと一息つきたいところですが“一難去って又
一難”の例え通り明日は兄が胃の手術の為入院です。
年を重ねるにつれこういう時期もあるのだと自分に
言い聞かせ難を乗り切るしかありません。

本当の春が早く訪れますように!

2018年4月12日 (木)

退院日和

456_1024x718

昨日は風が強くその上雨が降る散々なお天気でした。
ところが今日は一転朝から抜けるような青空が!当に
退院日和です。
昨日主人の担当医から退院許可が下りて今日午前中の
退院が決まりました。
5日にコルセットを着用以来動きもスムーズになり薬の
効き目もあってか痛みを訴えることもなくリハビリにも
励み順調に快復してきていたのでそろそろ退院出来る
かなとは思っていましたが急なのでびっくりしました。

主人からリュックを持って来て欲しいと言われていた
ので持参すると持ち物全て自分で詰めて私はタクシー
でと思っていたのに歩いて帰ると聞きません。
病院から家までバスで一停留所と近いと言えば近い
のですが自分でリュックを背負いスタスタ歩く姿からは
背骨を2か所痛めた人には見えませんでした。
帰宅してからも即主夫業に精を出し家中不備はないか
点検しまくっていました。

何はともあれ無事に帰還してくれてほっとしています。
後はもう少し年齢を自覚して慎重に行動してくれる事を
願うばかりです。


2018年4月 4日 (水)

頑健な体

455_1024x714

夫が入院してから一週間が過ぎました。順調に快復し
コルセットがまだ出来ていないにも関わらず筋肉が
低下しないようベットの上でリハビリが始まっています。
24時間介助の注意書きを無視して自力で歩くので
看護士さんが折れて病室内のみ介助なしとなりました。
確かに病室内にあるトイレに行くのにもいちいちブザーを
押して介助されるのは煩わしい事ではありますが入院
当初の痛がりようと比べると信じられない恢復ぶりです。

昨日中央区に用事があって何年振りかで路面電車に
乗りました。駅前通りの4丁目からススキノまで線路が
伸びて環状線になったせいか以前より利用客が増えた
みたいです。
帰りがけに病院に寄る積りでバス停にいると久しく
合わなかった友人とばったり!彼女は病院のすぐ近くの
マンションに住んでいるので「ちょっと寄ってお茶を飲んで
から病院へ行ったら!」と言って聞きません。

美味しいコーヒーをご馳走になりながらふとデパ地下で
夫におやつの差し入れにと買ったプリンにスプーンが
ついていなかったことを思い出し話したところ「めったに
使う事が無いスプーンだから差し上げるわ」とプレゼント
されました。陶器の可愛いスプーンで口の小さな小ぶりの
プリンの容器にぴったりでした。

優しい友の気遣いに感謝して病院に向かうと背筋をぴんと
伸ばして夫はベットに腰掛け顔色もよく一見病人には
見えません。おまけに歩行器を使わずすたすた歩いて
トイレに行くのでびっくりしました。
明日コルセットが届くので本格的なリハビリも始めると
多分退院も予定より早まるのではと期待しています。

夕べは少し緊張も解けて熟睡してしまいました。

2018年3月28日 (水)

夫が入院

454_1024x713

昨日夫が近くの総合病院の整形外科に緊急入院と
なりました。
腰から背中にかけて2か所圧迫骨折しているそうで
担当医から勧められるまま診察後すぐに入院させて
もらいました。
事故が起きた原因を本人が体裁悪いと思ってるのか
本当のことを先生に話さないので私がここでばらす
訳にはいきません。(でも少しだけ)
事故は屋外で起きたのです。私が用事で出かけた
後すぐ一人で出かけ1m位の高さから雪の上に後ろ
向きに落ちたみたいです。
雪の上だったのが不幸中の幸いでした。
何故そんな無茶をしたのかというと全て私のため
なのです。私を喜ばそうとした結果の悲劇に言葉を
失いました。

昨日は家と病院を3度往復しそれでも夕方児童会館の
教室へは通常通り行く事が出来ました。
夫が必死の思いで手に入れたネコヤナギの枝を沢山
手にして・・・あっこれで彼がどこから落ちたかばれて
しまいましたね。
子供達は大喜びでした。触ってみて「ふわふわして
気持ちいい!」と大はしゃぎ。
喜んでいいのか悲しむべきか心中複雑な思いに
揺れました。
彼も今度の事でもう無理はするまいと実感したとは
思うのですが私も不用意な言動は慎まなくてはと
反省しています。

いつも一緒の人が居ないとやはり落ち着かないもの
ですね!
一日も早い退院を祈りつつ孤独をかみしめています。

2018年3月20日 (火)

なごり雪?

453_719x1024

先日の雨で雪解けが進み道路も乾いて歩き易くなったと
喜んでいたのに今日は朝から昼過ぎまで雪が降り続き
がっかりです。でもふわふわの雪だからすぐ融けるとは
思いますが。
何となく以前流行った「なごり雪」という歌を思い出して
口ずさんでしまいました。
明日はお彼岸だし今後もし雪が降ったとしても大した
ことはないでしょう。

もう少し暖かくなったら今年は風景画に挑戦したいなと
考えています。
行きたい所も沢山あるのですがその為にも体調を整え
なくては!先月来の風邪が長引いてやっと咳も治まり
ほっとしました。

年のせいか最近新聞や雑誌に掲載される健康に関する
記事が気になります。“貯金より貯筋が大事”とか本当に
そうだなと実感しています。
早くウオーキングしたーい!

2018年3月13日 (火)

桜餅

451_1024x718

日毎に春めいて嬉しい限りです。
先日「絵手紙教室」を数日後に控え題材を何にしようかと
迷っていた時近所のコンビニで桜餅を見つけました。
セブンイレブン特製の桜餅で葉でお餅を巻くのではなく
お餅の上に桜の花が飾ってあり一目見て描きたいなと
思いました。
教室は3日後だったので試みに店員さんに生徒1人1個
づつ当たる分の数を当日受け取りに行くという事で予約
したいとお願いすると快く引き受けてくれました。
という訳で当日1個づつ配って描くもよし描かずに食べても
可としたのですが残念ながら何方にも描いてもらえません
でした。
皆さんは鉢植えのシクラメンの方を選んだのです。残念!

因みに私が描いた絵の桜餅を載せたお皿ですが大分前に
ペルー人が経営する民芸雑貨のお店で見つけたものです。
素朴な感じが気に入っているのですがアンデス地方から
遥々海を渡ってきた焼き物と和菓子が以外にしっくりと
なじんでいるなと嬉しい発見です。

日中の気温が上がり雪解けが急速に早まっているので
冬靴から解放されるのももうすぐでしょう。
散歩の季節が待たれます。

«食の思い出

無料ブログはココログ