2017年10月16日 (月)

マルメロ

428_1024x712

日毎に朝夕の冷え込みが厳しくなりました。毎年この時期に
なるとマルメロの実のなる頃だなと気になってしまいます。
食用にはならないけれど独特の甘い香りがたまりません。
去年までマルメロを求めてわざわざ洞爺湖町の湖畔にある
「水の駅」まで出掛けて買い求めていました。新鮮な野菜や
珍しい野菜、特産品とかもあります。

ところが灯台もと暗しというか遠くまで行かなくても自宅前の
道路の向かいに小さな市場があり通り抜けると隣の建物の
庭にマルメロの木があるのを発見!実がたわわに実って
いるではないですか!

金曜日友人と「絵手紙教室」へ向かう途中二人とも足が
止まってしまいました。
そっと近付いて観察すると人の気配がしません。いっぱい
実がなっているけど食べられないのだから多分ほとんどの
実はそのまま朽ち果てるのではと想像したのであります。
垂れ下がった枝を引っ張って形のいい実を選び二人で
1個づつ頂いたのではなくマルメロドロボーをしてしまい
ました。とってもいい香りです。

但し原画は綺麗な黄色なのにスキャナのせいか色が全く
違うのでがっかり!そろそろプリンターの買い替えが必要
なのかもしれません。
何はともあれ身近にこんな素敵な果実があるなんてとても
幸せです。


2017年10月 9日 (月)

ナナカマド

427_1024x740

秋も深まり街路樹のナナカマドの葉も紅葉してきました。
今日の絵はハガキではなくスケッチブックにあったのを
載せました。10年ほど前に描いたものです。

最近スケッチブックに描く機会が減ってしまったと自戒の
意味も込めて載せてみました。
以前は車で遠出する際など必ずスケッチブックを持参
していたのにと反省しています。

ハガキ絵は手軽でいつでもどこでも手がける事が出来る
のは利点でもあるけれど用紙が小さいので風景画等は
不向きです。
スケッチブックを開くと帯広へ旅行した折に描いた風景画
もあり又描いてみたい衝動に駆られました。

約2か月近く入院生活を送っていた弟が明後日退院する
事が決まりました。一人暮らしをしているのでこれから
寒い冬を迎える事を考えると心配な面もあるのですが
本人が大丈夫と言っているので出来る限り応援して
上げたいと思っています。

北の風物詩とよくいわれるナナカマドですが会社勤めを
していた頃はナナカマドの実が赤くなるのを目にすると
いよいよ残業の季節が近づいたと憂鬱になったもの
でした。30年位「勤労感謝の日」はいつも休日出勤して
いました。同僚と冗談で「感謝して働く日」とか言いあって
いたのを懐かしく思い出しています。
最近ようやく純粋にナナカマドって風情があっていいなあと
思えるようになりました。

2017年10月 1日 (日)

422_726x1024

日中と朝夕の気温の差が大きくなってきました。
朝起きると寒いのでストーブを付けて部屋を暖めます。
日中は止めてるけど春まで灯油代を気にしながら冬を
越すのかなと少し憂鬱です。

昨日は土曜日でウオーキングの日でした。
見事な秋晴れだったのでいつものコースを変更して
変更というより元のコースを歩いてみました。いつの
頃からか公園内にある小さな滝の横の階段を上って
行くのが億劫で友人と省エネコースと名付けた短縮
コースを歩くようになっていたのでした。

遊歩道が長く続いている素敵な散歩道です。いつも
より10分位長く歩いてもさほど疲れも感じなかった
ので友人とお互いに健闘を称えあいながらも所要
時間が以前と比べると増えていました。と言う事は
年々体力が落ちているのだろうと思いますが仕方
ないですね。

雪が降ったらウオーキングは無理なので今のうち
藻岩山が紅葉する景色を眺めたり小川のせせらぎを
聞きながら歩こうと出来れば元のコースをと思って
います。



2017年9月24日 (日)

野ぶどう

421_1024x708

少し前に山葡萄の絵を紹介しましたが今日は野ぶどう
です。
紫、ピンク、ブルー等宝石みたいな色とりどりの実が
可愛くて毎年今の時期になると描いています。
野ブドウはウオーキングの折り返し地点になる場所
にもあります。
先日ウオーキングでその折り返し地点からの帰り道
の事、小川のような精進川の川岸に何時も行き交う
男性が川をのぞきこんでいました。
何を見ているのだろうと近付いてみるとニジマスが
遡上してきたとの事。
じっと目を凝らして川面を見つめるといました!
背びれをぴくぴくさせながら泳いでいるのが分かります。
体長50センチぐらいだったでしょうか。
毎年春に子供達も交え地域の人達が稚魚を放流して
いるのです。
おじさんが多分今日が遡上の初日ではないかと言って
ましたが何となくほのぼのワクワクする秋の風物詩の
ひとこまでした。

2017年9月17日 (日)

素直な心で

Dscn1334_1024x768

今日の絵は児童会館の教室に1年生の時から参加して
していて今4年生になる女の子が描いたミニカボチャです。
余程絵が好きらしくいつも何を描かせてもすごい集中力で
挑戦してくれます。

私は他の子に対してもそうですが殆ど指導らしきことは
していません。初参加の場合は手順だけ説明するけど
色づかいとかは本人の好きなように描いて貰っています。
でもそれが正解だと思うのです。色のセンスは今の子には
かなわないなと脱帽です。
素直に無心に描けたらいいなといつも思うのですが難しい
です。
子供の絵を眺めて癒されたり反省したり教えられること
ばかり。

久しく風景画を描いていないので何処か長閑で広大な
田園風景でもスケッチしてみたいと秋の空を見上げて
ふと思いました。


2017年9月10日 (日)

山葡萄

420_1024x718

朝夕気温が下がり秋めいてきました。
先週の「絵手紙教室」で例の生徒さんが近くの河畔公園付近
から山葡萄やイガイガの栗の実が2個付いた葉付きの枝を
採って来てくれました。
何よりの題材で本当に有難いです。遠くの山までわざわざ
出掛けなくても野趣あふれる植物が身近に存在するなんて
素晴らしいなと思います。

何時だったか友人とウオーキングの途中桑の実を採集して
いたオジサンから「あっちの方にはコクワの木もあるよ!」と
平岸との境目の崖のようになっているあたりの樹木の茂みを
指差して教えてくれました。
1日おきに小川のせせらぎを聞きながらウオーキングをして
いるのですが昨日は可愛いエゾリスが駆け回っているのを
見かけました。
長雨やら地震や台風の被害を受けたりしている所もあり胸が
痛みます。
どうか実り多い穏やかな秋の季節が続きますようにと切に
願うばかりです。

2017年9月 3日 (日)

コンビニ前で朝食を

419_1024x716

以前オードリー・ヘップバーン主演の映画で「ティファニィーで
朝食を」というのがありました。

先週の日曜日の事です。すぐ下の弟が今肺の疾患で入院中
なのですが翌日手術を行うことになり外科の担当医から家族に
説明したいので午前9時までに来て欲しいとの事でした。
兄と私が立ち会う事になりましたが通常なら何の支障もない
時間帯なのですが生憎その日が北海道マラソンと車椅子
マラソンの開催日と重なってしまったのです。
普段なら私の家から病院まで車で10分位の距離なのですが
家の前の通りから病院付近一帯8時から交通規制が掛かる
事が分かりました。

慎重な兄は規制のかかる前に7時半頃迎えに行くから途中
コンビニでも寄ってから早めに行って待機しようと言いました。

私はてっきりコンビニでパンでも買うつもりだろうと思い込み
当日何も持たずに迎えの車に乗り込みました。
まだ人も車も少なくスムーズに病院に到着、すぐ目の前に
コンビニが!
ところがです。兄がコンビニで買ったのは飲み物だけで何と
朝食は私の分まで兄が手作りでホットサンドを用意していて
くれたのです。ボンレスハムとキャベツ(キャベツは1分間
湯がいてある)がはさんであり絶妙の塩加減でお世辞抜きで
美味でした。
コンビニ前で朝食を!は最高で多分忘れられないでしょう。

翌日の手術は予定時間をオーバーして心配でしたが何とか
終了しゆっくり回復に向かっています。
今回の弟の病を通して日々つつがなく平穏無事である事の
有難味をしみじみ感じている次第です。

2017年8月27日 (日)

二十世紀の思い出

417_1024x719

残暑が続いていますが何となく秋の気配を感じるように
なりました。

スーパーの果物コーナーに色々な品種の梨が置かれて
います。

ふと見ると後発の品種にかっての主役の座をゆずって
あまり見かけなくなった二十世紀がありました。

ああに十世紀だと思わず手に取るとはるか遠い昔の
まだ二十歳だった頃の切ない恋の思い出が蘇って
きました。

当時新潟市に住んでいて好きで好きで大好きな男性も
いたのですが元々北海道育ちの私には望郷の念止み
難く父に転勤で札幌に戻る話が持ち上がると彼の事は
あきらめようと決心したのでした。遠く離れたら忘れられる
と思っていたけど浅はかというか離れて募る恋心で
食事ものどを通らなくなる程の恋煩いを経験しました。

話せば長い話になってしまうので省略してショートストーリーに
すると札幌には先に父と私が転居し母と弟二人は学校を
卒業するまで新潟でと2世帯に分かれていたのです。
父と暮らし始めて数か月経ち私の異変に気付いた父が
一度新潟に行って来なさいと言ってくれたのが8月の終わり
ちょうど今頃でした。

けれど時すでに遅しで彼は親の進めで同郷の女性との
結婚が決まった後でした。
私達は親しくはしていても結婚云々という話まで行っていた
訳ではないので仕方のない事で逆に自分の目で現実を
確かめられ未練を断ち切る決心がついたのです。

十日程静養していよいよこれで新潟ともお別れという日
発車間際に彼がホームに駆けつけてくれデッキに立つ
私に「向こうに行ったら幸せになるんだよ!」と言って
二十世紀が沢山入った籠を渡してくれました。

彼がくれた二十世紀の美味しかったこと!悲しいのに
美味しすぎて余計悲しくて以来半世紀以上も二十世紀を
食べていませんでした。

今回たまたま二十世紀を目にして一途に思いつめた
あんな時代もあったなと懐かしく思い返しています。



2017年8月20日 (日)

夏もそろそろ終わり その2

416_1024x718

あきらめて画面を閉じようとしたら下に画像の挿入画面が

潜って表示されていました。

どうしてそうなるのかよく分かりませんが教室に通っている

時教わったような気もします。

でも無事表示出来てほっとしました。

アザミの花は絵になるし色も形も好きですが、うっかり

触れるとその痛さは半端ではありません。

ちょっと向きを変えようと触る度悲鳴をあげたほどです。

機械類にはめっぽう弱い私は先程のトラブルでどっと

疲れてしまい脳が思考停止状態になりつつあります。

我が家は普段就寝時間は9時頃なので今日はこれで

終了してぐっすり休む事にします。

夏もそろそろ終わり

お盆が過ぎて幾分涼しくなりました。でも今日は夏らしくからりと

したいかにも北国の夏と言った感じです。

先程から絵手紙を挿入しようと何度も試みているのですが挿入

出来ません。

何時もの手順でやっているのですが駄目みたいです。

まだWindows 7を使用しているのですが5年以上たつのでいろ

いろ不具合が出る頃かも知れませんね!

文章だけで続けるのは文才もないし自信がありません。

明日また挑戦して駄目だったら対策を考えるといたしましょう。

«夏の海

無料ブログはココログ