« 幸せな時間 その2 | トップページ | マルメロ »

2014年10月25日 (土)

幸せな時間 その3

240

数日前の幸せな時間に起きた信じ難い失敗談です。

朝の珈琲は夫が淹れてくれます。午後3時20分頃

夫がアルバイトを終えて帰宅するのに合わせ3時には

私がミルを棚から降ろして準備を始めます。その日は

弟と病院へ行って3時10分前に帰ってきました。

間に合って良かったと珈琲の計量スプーンで3杯(マグ

カップで少し薄めを飲む)を入れたつもりが3杯目を入れた時

思わず”あっ”と声を上げてしまいました。

何と計量スプーンのつもりがほうじ茶用の茶匙で山盛りの

茶葉をいれてました。

よほどぼーっとしていたのですね!あまりのドジに愕然と

としそれでもあわててミルを逆さにして中身を入れ替え

事なきを得ましたが夫にはいまだ内緒です。

間違いの元は注意力が足りなかった点に尽きるのですが

置き場所がちょっと離れているだけで中身をそれぞれ形も

色も同じ缶に入れてあったのもまずかったようでした。

珈琲豆用の大ぶりの缶だったのですが・・・

病院へ行く時いつもポットにアツアツのほうじ茶を淹れて

行きます。母が美味しいと言ってくれるのでお茶を用意

するのが私の役目になっているのです。

失敗したからと言って落ち込んでもいられません。そんな

訳で今日の絵は”失敗は成功の元じゃ!となりました。

« 幸せな時間 その2 | トップページ | マルメロ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1962794/57784661

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな時間 その3:

« 幸せな時間 その2 | トップページ | マルメロ »

無料ブログはココログ