« 木の実たち | トップページ | 「絵手紙教室」今年の最終回 »

2014年12月14日 (日)

シャコ

249

久し振りに生ものを描きました。生といってもボイルしてあるのでこのまま

食べられます。1尾2百円でスーパーで売られているのですが美味しい

けれど高過ぎて買う気にはなれません。

小学生低学年の頃小樽に住んでいました。水泳の得意と言っても泳ぎより

潜るのが上手だった兄は夏になると毎日バケツを持って小樽港の岸壁へ

出かけシャコや貝類を沢山採ってきたのを覚えています。

当時シャコを確かザリガニと呼び貝はムール貝のような形をしていたけれど

ムール貝なんてハイカラな名前ではなかったような気がします。

シャコはおやつ代わりにいくらでも食べることが出来たので最近採れなく

なったからと言っても子供の頃の記憶が邪魔をして高価なシャコに手が

出せません。尻尾の部分を外して両手の指に全部はめて遊んだのも懐かしい

思い出です。小樽には2年半ほど住んでいたのですが後年母は小樽は物価が

安くて住みやすかったと述懐していました。

小樽の街もすっかり様変わりをして昔の面影も薄れはしましたがそれでも

訪れる度に子供の頃の記憶が蘇り懐かしさがこみ上げてくるのです。

« 木の実たち | トップページ | 「絵手紙教室」今年の最終回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

motokoさん おはようございます
車庫 じゃなかった^^;シャコの色合いがとってもいいですね
もちろん難しそうな形もよく描かれているように感じます
大きくしてじっくりと見せていただきました

子供のころの小樽での想い出を読みながら 自分のものと重ねています
私の場合は家の周りの川遊びですが
やっぱりカラスガイやエビなんかがいて捕って遊びました
違うのは食べなかったことかな
海も川も身近にある遊び場でしたね
懐かしい夢のような記憶です

yuukoさんのブログ見てきたところです。クリスマスの素敵な
飾り付けに私の絵も入れて頂いていたので嬉し恥ずかしの
気分です。頑張って描いた甲斐がありました。横浜の友人
にも今までの絵の中でも一番好きな絵だと褒められました。
あの愛らしい木の実の実物を目にしたら絵の好きな人なら
たまらないと思います。
yuukoさんも子供の頃の楽しい思い出が一杯あるのですね!
年を重ねるほどそれが貴重な財産になることを今の母を見て
いてよく分かりました。母の財産は江戸川の思い出です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1962794/58264148

この記事へのトラックバック一覧です: シャコ:

« 木の実たち | トップページ | 「絵手紙教室」今年の最終回 »

無料ブログはココログ