« 春を呼ぶ花 | トップページ | 弥生 »

2015年2月22日 (日)

ひな祭り

259

春が訪れたような穏やかな暖かい日が続きこのまま春に

なるのかと錯覚しそうですが多分そうはならないでしよう。

ちょっと不気味な近頃のお天気です。

母が入院している病院では恒例となっている雛飾りが

今年もロビーや各階ごとのラウンジにも設置され目を

楽しませてくれます。

お雛様と言えば女性にとっては幾つになっても心浮き立つ

存在のような気がしますが、でも若い人たちにはどのように

映るのでしょう。

子供の頃(樺太時代)お金があってもひな人形はおろか

その他の生活必需品も徐々に品不足になっていくそんな

時代でした。

ある日の事母が「お雛様を会に行くわよ!」と私の手を

引き急ぎ足で近所の何屋さんか分りませんが地味な

感じのお店にかけつけました。

でも一足違いでお目当てのお内裏様はどこかのお宅へ

買い取られたあとでした。

私以上にがっかりし気落ちした母の姿が今も忘れられ

ません。

戦後も引揚者の家庭には生きていくのが精いっぱいで

ひな人形どころではありませんでした。

美しく飾られた雛壇を目にするたびに平和の尊さを噛み

しめると同時に少女のようなときめきを覚えるのです。

« 春を呼ぶ花 | トップページ | 弥生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1962794/59021358

この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭り:

« 春を呼ぶ花 | トップページ | 弥生 »

無料ブログはココログ