« 貝殻 | トップページ | 青い空 青い湖 »

2015年6月22日 (月)

活動写真

282

先日ブログで紹介したガラスペンを使って初めてペン画を

描いてみました。勿論大好きな青インクで!

描いたのはお気に入りの陶器のワイングラスです。

ワインが好きですが夫が四季を通してビールしか飲まない

人なのでなるべく相手の飲み物に合わせたいサービス精神の

持ち主である私はついついビールで乾杯の日々となってます。

たまにはワインのお好きな方とチーズをつまみながら談笑

出来たら楽しいだろうな等と想像しながら描いた1枚です。

数日前の事テレビの道内のニュースでしたが、現在日本で

今も活躍されている活弁士(無声映画の弁士)は10人位で

その一人を招いて無声映画の上映会が開催され若い人も

多く参加して大盛況だったと報じられました。弁士付きの

無声映画を観たのが初めてと言う人の「迫力があって

面白かった。言葉の一つ一つが胸に突き刺さるような感じ

でした。」と話していたのが印象に残りました。

“言(ことば)と云うは心の思いを響かして声を顕すを云う

なり”と聞いた事がありますが生の声、言葉の持つ力って

凄いのだなと改めて感じた次第です。

子供の頃どこに住んでいた時か記憶が定かではないけれど

無声映画それも弁士が語る活動写真を確か見たはずなどと

思いを巡らせるうちとんでもない一件を思い出したのでした。

それは高校1年の2学期が始まって間もない頃ある日学校で

2階から降りてゆくと夏休み中に知り合った3年生のTさんが

下で待ち受けていて私に近づくとこう言いました。「今度の

休みに活動写真を観に行かないか!」と。もう絶句です。

活動写真だなんてその頃誰も使わなくなった死語に近い

言葉を邦画よりも洋画、日本の歌より欧米の音楽を好む

西洋かぶれもいいとこだった少女にはショックでした。

陸上競技部の部長とかで背が高くかっこよく見えてたTさん

でしたが一瞬にして覚めてしまい結局ザ・エンドとなって

しまいました。今考えると若気の至りというか何とも浅はかで

思慮の足りない自分だったなと思います。

ニュースを見ながら言葉の持つ力と同時に時や場所、相手を

選ばなくては他意が無くても人を傷つける事があり得るので

広い心で受け止める度量の無かった私が言うのもなんですが

言葉って本当に難しいですね。

« 貝殻 | トップページ | 青い空 青い湖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1962794/60472100

この記事へのトラックバック一覧です: 活動写真:

« 貝殻 | トップページ | 青い空 青い湖 »

無料ブログはココログ