« 胡蝶蘭 | トップページ | 穏やかな日々 »

2015年12月30日 (水)

年の瀬

312

今年もあと1日残すのみとなりました。

この1年を振り返ると“喜びも悲しみも幾年月”を実感する

年だったなと思います。

先日喪中と云う事で賀状を送れないのでせめて声だけでもと

友人に電話したところ「どうしても年内に会いたいわね!」と

言われ二つ返事でランチをすることになりました。

同じ区内に住んでいるのですが普段なかなか会えないので

話が弾み食事の後も別れがたく喫茶店へ移動して又も

つきないおしゃべりを!

彼女とは15年ほど前に絵手紙を始めた時から親しくなった

お仲間でとても素敵な女性です。

名残を惜しんで帰宅すると今月一杯バイトで汗水流して働いて

いる夫が先に帰っていました。

「今までランチだったの?」と半ばあきれ顔でした。そう出かけてから

5時間以上経過していたのです。でも本当に楽しかった!

もう一人気になる人がいて電話をしました。母と親しかった方で

母より15歳若いHさんは利尻島出身で山菜取りの名人です。

夏に脳梗塞で入院生活を送るも無事退院したと聞いていたので

訪ねて行って母が生前お世話になったお礼を言おうと電話をすると

息子さんが出て何と今月中ごろ夜中に又も脳梗塞で入院したとの事。

早速昨日お見舞いに行って来ました。私の顔を見るなりぽろぽろ涙を

流し私の手をぎゅっと握って泣くのです。

ふっくらとした体格だった叔母さんが一回りも二回りも小さくなった

ように感じ胸を突かれました。

母が健在だったころ兄の車で4人でよく一緒に日帰り温泉に行った

ものでした。母亡き今叔母さんには一日も早くよくなって長生きして

欲しいと祈るばかりです。

どうか来年が明るくよい年であることを切に願いつつ・・・。

« 胡蝶蘭 | トップページ | 穏やかな日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1962794/63220229

この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬:

« 胡蝶蘭 | トップページ | 穏やかな日々 »

無料ブログはココログ