« 読書の秋 | トップページ | 師の元に »

2016年10月12日 (水)

いちじく

359_1024x716

秋も深まり美味しい果物が目に止まります。なかでも

気になるのが大好きな無花果です。

北海道でこれまで無花果は育たないことになっていた

のですが昨年ドライブ中に浦臼町の「道の駅」で地元の

「神内ファーム」で栽培されている無花果を見つけたのです。

採れたてで美味しくてその上値段も安くてもう言う事ありません。

昔新潟市に住んでいた時食べた美味しい無花果の味が

忘れられず札幌に戻ってからもわざわざデパートまで行って

あまり美味しいとは言えないのに値段だけ高い本州産の

無花果を買ったりしていたからです。

亡くなった母も無花果が大好きでした。お見舞いに無花果を

持って行くと遠い目をして繰り返し無花果にまつわる思い出

話をしてくれました。

母がまだ学校へ上がる前、家の前に大きな無花果の木が

あってその木に登って無花果を食べているとおばあさんに

見つかって「あまり食べすぎるとご飯が食べられなるよ!」と

叱られたそうです。母にもそんな無邪気な時代があったのだな

等と思いながら聞いていました。

その母が亡くなり早くも1年が過ぎようとしています。先日一周忌の

法要を済ませました。

美味しい北海道産の無花果を食べながらしみじみ母との思い出に

浸るひと時でした。


« 読書の秋 | トップページ | 師の元に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1962794/67922518

この記事へのトラックバック一覧です: いちじく:

« 読書の秋 | トップページ | 師の元に »

無料ブログはココログ