日記・コラム・つぶやき

2017年8月20日 (日)

夏もそろそろ終わり その2

416_1024x718

あきらめて画面を閉じようとしたら下に画像の挿入画面が

潜って表示されていました。

どうしてそうなるのかよく分かりませんが教室に通っている

時教わったような気もします。

でも無事表示出来てほっとしました。

アザミの花は絵になるし色も形も好きですが、うっかり

触れるとその痛さは半端ではありません。

ちょっと向きを変えようと触る度悲鳴をあげたほどです。

機械類にはめっぽう弱い私は先程のトラブルでどっと

疲れてしまい脳が思考停止状態になりつつあります。

我が家は普段就寝時間は9時頃なので今日はこれで

終了してぐっすり休む事にします。

夏もそろそろ終わり

お盆が過ぎて幾分涼しくなりました。でも今日は夏らしくからりと

したいかにも北国の夏と言った感じです。

先程から絵手紙を挿入しようと何度も試みているのですが挿入

出来ません。

何時もの手順でやっているのですが駄目みたいです。

まだWindows 7を使用しているのですが5年以上たつのでいろ

いろ不具合が出る頃かも知れませんね!

文章だけで続けるのは文才もないし自信がありません。

明日また挑戦して駄目だったら対策を考えるといたしましょう。

2017年8月13日 (日)

夏の海

1024x721_2

今年もお盆の時期となりいよいよ夏も終わりが近づいて来ました。

夏と言えばやっぱり海!でもここ数年実際に海辺に行った記憶が

ありません。

車で海の近くを通ったりして遠くから眺める事があっても砂浜の

波打ち際で波と戯れる機会も無くなって淋しい限りです。

私の家族は終戦の年の8月に樺太から引き揚げて網走に一時期

住んでおりました。(モヨロ貝塚のすぐ近く)

それも海岸のすぐ近くで砂浜が広がり遠浅の美しい海でした。

網走には2年位住んでそれからやはり海のある街の小樽に引っ越し

たのですが小樽の海は砂浜ではなく岸壁で大小の船が沢山行き交う

港でした。

中学生の時父の仕事の関係で新潟市にも8年程住んだことがある

のですが新潟市も海があり思い返すと海と縁があったのだなあと

思います。

先日児童会館の絵手紙教室で題材に夏の風物詩として風鈴や

団扇の他に貝殻を用意しました。

するとある女の子が描いている途中で貝殻を手に取りそっと耳に

あてているので「何か聞こえる?」と聞くと「聞こえるような気がする」と

言うのです。

良い感性しているなとたまらなく可愛く思え泣きそうになりました。


2017年8月 6日 (日)

シベチャリ橋

Dscn1327_1024x768Dscn1318_768x1024

Dscn1319_1024x768Dscn1322_768x1024

3日に1年振りで新ひだか町へ行って来ました。

札幌は26度位だったようですが太平洋沿岸は薄曇りで20度を

少し超えるくらいで涼しく快適なドライブでした。

約束の1時に知人宅に到着すると夫は女同士気楽に過ごせる

ようにと気を使い3時半に迎えに来るからと何処へやら走り去って

しまいました。

いつもの事なので心置きなく再会を喜び合い積もる話に花を

咲かせ楽しく幸せなひと時を過ごすもあっという間に迎えの

時間がという感じです。

1年後の再会を約し名残を惜しんでお別れしました。

車にが走り出すと夫が「変わった橋を見つけたぞ!」と言って

案内してくれたのは静内川にかかる歩道橋でした。歩道橋と

言っても美しく芸術的な橋でシベチャリ橋といいます。

遠くに静内山脈がみえて橋の周辺の景観も素晴らしく今度

ゆっくり来てみたいなと思いながら夫と橋の向こうまで歩いて

来ました。

途中に白鳥や馬のオブジェが設置されていて本当に魅力の

ある橋でした。

健康に留意して又1年頑張ろう!








2017年7月23日 (日)

三階滝

Dscn1314_768x1024

今日も朝から眩しすぎるくらいの強い日差しで外を眺めている内

不意に滝を眺めたくなりました。

腰の軽い夫は快く同意してくれて大滝村の三階滝へと向かい

ました。

南区常盤の方から山越えして支笏湖~美笛峠~大滝村という

コースで11時半頃到着しました。

美笛のあたりから曇り空になりお陰で車の窓を少し開けただけで

涼しく快適なドライブとなりました。

数年振りで訪れた滝の景観も素晴らしく緑に一層映えて素敵

でした。

三階滝から道道白老~大滝線のホロホロ峠を通って白老に

向かったのですがホロホロ峠からの雄大な景観が又素晴らしい

のです。

今は亡き母はドライブが大好きで長距離でも平気でした。

この景色を母と一緒に眺めたことがあったとふと思い出し

胸に込み上げるものがありました。

山々の緑に心が癒されます。心身ともにリフレッシュして

又明日から頑張ろうという気にさせてくれました。

いつも私の気ままな我儘に付き合ってくれる夫にも感謝です。


2017年7月16日 (日)

盛夏

1024x740

札幌で10日も真夏日が続きました。30度を超えると

暑さに強い私もこたえるのですが夏バテもせず何とか

持ちこたえております。

今日は珍しく朝から雨で一時激しい土砂降りとなり

心配でしたがやがて小降りになってほっとしました。

大量の雨で路面や建物が冷やされたのか気温も

下がり窓からの風も急に涼しくなって寒さに敏感な

私は階下に降りた時に二の腕あたりに鳥肌が立ち

思わず笑ってしまいました。

昨日弟から電話がありバラが2本蕾が開きそうだから

あげると知らせてくれたので午後からでかけました。

弟は深紅のバラが好きで昔から苗木を選んで植えて

います。お気に入りの品種はイングリット・バーグマン

です。

女優のイングリット・バーグマンも素敵でしたが、その

名を冠したバラの花も華麗で魅力があります。

弟宅へ向かう車中窓からの風が涼しいのでふと標識を

見上げると路面温度21度と表示されていました。

昨日は34度だったのにこの差は何なのでしょう。

少々暑くてもいいのです。夏なのだものと夏大好き

人間の独り言です。


2017年7月 8日 (土)

桑の実

410_1024x701

昨日、今日と30度を超える暑さが続いていますがこの程度の

暑さなら寒いのよりずっといいなと思います。

今朝も友人とウオーキングに出かけました。

先日もウオーキング途中でビニールの買い物袋を持って

桑の実を摘んでいるおじさんに出合いました。

昨年友人と何の実だろうと眺めていた時桑の実だと教えて

くれたおじさんです。

袋の中を覗くと黒っぽく熟した実が一杯入っていました。

自分はお酒は飲めないけれど焼酎に付けて果実酒を造り

親戚へ差し上げるそうです。

右手の掌が紫色に染まっていましたが桑の実の場合は

洗ったら落ちるから心配ない山葡萄だと落ちないけどと

言ってました。

又秋にはあっちの方にコクワの実が沢山採れるよと教えて

くれました。

おじさんが指さした所は精進川沿いの東側の平岸と中の島の

境になっている崖のあたりのようです。かってこのあたり一帯が

原生林だったのではと思われる樹木が生い茂った場所です。

木漏れ日を浴びせせらぎの音を聞きながら散歩を楽しめる

環境に恵まれた幸せをかみしめながら歩いています。

2017年6月29日 (木)

好きだけど苦手

408_719x1024

バラの季節がやってきました。

このバラは大家さんの家のバラで毎年咲くのを楽しみに

しています。

過去に何度も挑戦しているのですがなかなか思い通りに

描けません。

深く愛しているのに想いが相手に届かない片思い状態の

ようだなと思います。

絵を描く仲間が以前“バラに始まりバラで終わる”と言った

のを覚えています。

何時か思い通りのバラが描けたらいいな!

先日児童会館の絵手紙教室で野菜を題材に描いて

もらいました。

2年生の男の子がトマトが2個並んだ絵に“トマト

つやつや 心もつやつや” と書いたのです。

もう感動しました。子供の感性ってすごいなあと思い

ました。

私も心つやつやになりたいです。

2017年6月21日 (水)

古文の魅力

406_734x1024

描きためた絵手紙のアルバムをめくっていて

この絵が目に止まりました。

初期の頃に使っていた落款から判断して多分

10年以上前に描いた作品のような気がします。

古文が好きと言うかその頃友人と「源氏物語」

(原文)全八巻を読破しようと挑戦中でした。

二人だけの週1回の勉強会を重ね11年かけて

最後まで続ける事が出来たというのが私達の

黄金の思い出なのです。

今回の絵に添えた文は何から引用したのか

記憶が定かでは無いのですが~大げん(げん

の字が変換しても出てこない)はそうそうとか

小げんはせつせつとルビが振ってある漢字に

興味を持ったのと急雨をむらさめ、私語をささ

やいごととの言葉遣いが何とも魅力的だと感動

したのをおぼえています。

今晩から明日にかけて雨の予報です。雨降りは

苦手ですが枇杷の音でも聞いてるつもりになって

雨音を楽しむことにいたしましょう!

2017年6月14日 (水)

アカシアの雨が止む時

405_1024x721

先週末、札幌では恒例の“よさこいソーラン祭り”が開催されました。

お祭りを待ちかねたようにアカシアの花も開花したのはよいものの

期間中ずっと雨の日が続きました。

まるで50年前に大流行した“アカシアの雨が止む時”(西田佐知子)の

歌の世界を思い出したほど憂鬱な雨でした。

この歌が毎日ラジオから流れていて会社で図面を書きながら聴いて

いたのですが何でこの歌がもてはやされるのかと反発したのを覚えて

います。

結婚したばかりでまだ若かった私は ~ベンチで冷たくなった私を

見つけてあの人は涙を流してくれるでしょうか?~などと唄う暗く

惨めな恋の歌に共感出来なかったのでしょうね!

今週に入り徐々にお天気も回復し爽やかな初夏の空気を満喫して

います。

今日も近所へ買い物ついでというか帰りに「一回りしようか!」となり

真駒内から滝野の「ふれあいの森」まで行って引き返してきました。

新緑がまぶしい林の中をうっとりしながらの小1時間ほどのドライブ

でしたが青空に白いアカシアの花が輝いて見えました。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ